FC2ブログ
     


今朝、ランディの夢を見た。


20181220_085940.jpg
12月20日 朝 うとうとしてる



目の前に立っていたので、

声をかけてよく見たら、

後ろ足がナックリングしてる。

「ちゃんと足をついて」って足首を持ったら、

指と爪が傷ついていたのが見えた。


そこで目が覚めて、泣けた。

今はちゃんと走れてるかなぁ…。



20181219_160750.jpg
12月19日 前足




握った毛とか関節の感触

覚えてるのにいないんだもんなぁ…。













にほんブログ村







スポンサーサイト
     

ちょっと現実的にお金とホケンの話


今回の闘病時、保険に結構助けられたので、

医療費と保険のお話を少し…。



ペット保険に入るかどうか…。

ランディと暮らし始めた当時、

結構迷ったことの一つです。

以前、ピレと暮らしていたのは20年以上前、

ペット保険なんてない時代です。

年間何万円もの保険に入るのはなぁ…、

それにどの保険がいいのやら…、

迷ったり悩んだりしつつ検討し、

結局保険加入の手続きをしたのは

生後6カ月をこえた時でした。

DSC_1348_convert_20190112191900.jpg
生後9カ月のランディ、若い!

DSC_1355_convert_20190112191718.jpg
病気とはまったく無縁のころ


ウルフハウンドと暮らすと決めた時から、

骨肉腫、心臓病、ガンのことは頭にあって、

どこかでは治療費がかかると、考えてました。



DSC_1354_convert_20190112191629.jpg
このころすでに体高80センチくらいありました。


悲しいことにランディを亡くしてしまいましたが、

治療中は現実的に医療費がかかりました。


9月下旬から12月までの約3カ月間の

総治療費は、50万円ほど。

50パーセント返還されるコースだったので、

治療食、文書料など保険対象ではないものを引いた後の、

23万円少々が保険金としてかえってきました。


治るものならいくらかかっても…とは思いますが、

現実的には大型犬以上になると

手技料も処方代も高額になります。

高齢になると入れない保険もあります。

保険会社の回し者ではないですが、

転ばぬ先の杖、

保険加入はおすすめします。







にほんブログ村

治るなら…、

治療費なんてどれだけかかっても

いいんだけどね…。









     

新年のごあいさつ…など。


昨年中はありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします



積雪も少なめの穏やかなお正月でした。

ゴロゴロと寝正月でしたね。





12月14日のランディ、痩せてます。

20181214_231342.jpg


ランディの病気の話を少し。

ブログにも書いたように12月10日に

大学の動物病院にかかりました。

腸に腫瘍があるということで細胞を取り、

生検に回してもらいました。

血液検査は悪くなく、

CTでは肺などへの転移はなし。

たぶんGIST(ジスト:消化管間質腫瘍)だろうと

見当を付けられて、結果待ちとなりました。

しかし4日後に腫瘍本体の細胞が

取れていなかったとの電話が入り、

確定診断をするには開腹するしかないとのこと。

その体力はランディにはなかったので、

かかりつけの獣医さんと相談の上、

見切り発車ですが、GISTの投薬治療に入りました。

かかりつけの獣医さんもGISTだろうと

予想を付けていたそうなので。

今思えば、10日の日の長距離移動で

無理をさせたのかもしれません。

11日、12日はご飯もよく食べ元気でしたが、

13日から少しずつ食欲が落ち始め、

好きなものしか口にしなくなりました。

焼肉、ヨーグルト、干した馬肉、

たまごボーロが好きでしたね。

食欲が落ちたあたりから、

徐々に後ろ足のナックリングが始まりました。



GISTに効くイマチニブという薬を始めましたが、

残念ながら体力がもちませんでした…。

最期の二日間は何も食べず、

後ろ足が踏ん張れなくなりました。

水だけは飲んでいたので、

20日の昼ころ、水を飲ませ、体位変換をし、

「ちょっと仕事に行ってくるね」と別れたのが、

生きているランディとの最期になりました。

私が帰宅したときは、息がありませんでした。

ひとりで逝かせてしまったのが申し訳なくて…。

看取れるなんて何の根拠もなかったのに、

留守にするなんて…。

こんなに早く逝ってしまうとも思っていませんでした。

年末年始は看病かなぁなんて思ってました…。




どこを触っても嫌がらなかったので、

たぶん痛みはなかったかと思います。

ただ、しんどそうではあったので、

それが長く続かなかったのだけが救いです。



いろいろ自分を納得させようと思ったけど、

後悔ばかりですね。




ごめんね、ランディ

大好きだよ

20180512_132920.jpg

うちの子になってくれてありがとう












にほんブログ村







     

雪が降っても…。


寒波が来てます。

みなさまのところは大丈夫ですか?

あずかえ地方、積雪あり。

昨日から除雪機ジョニー出動です。

20181229_100713.jpg

ランディのいない庭は足あと一つつかず、

除雪の必要もないので、

雪がそのままになっています。

淋しいよ、ランディ。




昨シーズンはこんなだったよね。

20180217_145134.jpg

20180204_215326.jpg

今シーズンはあずかえ宅前、

どれだけ降ってもいいです。







今年も残すところ明日のみとなりました。

何かとご心配していただきありがとうございました。

みなさま、よいお年をお迎えください。





にほんブログ村




     

葬儀


たくさんのお悔やみやお心遣いの言葉、

お花などをありがとうございます。

今日、ランディの葬儀を済ませました。

20181223_184403.jpg

痩せたとはいえ超大型犬、

近場では火葬、骨拾いのできるところがなく、

自宅から約2時間かけて葬儀場に行きました。

20181223_085051.jpg

お経をあげていただいて、

家族四人でお別れしました。

20181223_184901.jpg

どれだけでも泣けます…。






あんなに大きかったのに、

すっかり小さくなってしまいました。

20181223_224755.jpg

骨つぼ二つに入ってもらって、

入りきらなかった分は段ボールで。

春になったら、お山に散骨しようと思います。



落ち着いたら、病気の経過のこと、

思い出などアップしたいなぁとは思ってますが…。

その時はまた、お付き合いいただけたら幸いです。


ありがとうございました。






にほんブログ村




カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ランディ家のあずかえ

Author:ランディ家のあずかえ
我が家にやってきた大型犬、ランディと刺激的な生活を送ってます。
岐阜県北部山の中在住

ランディ
アイリッシュ・ウルフハウンド
H23年7月7日生まれ
オス
ドカ~ンと大きくなりました。

H30年12月20日、永眠しました。

最新記事

最新コメント

リンク

いらっしゃいませ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ